コラム

記事一覧

おんじぃのへや 刈谷銀座店を紹介

こんにちは!施設長の堀山です!   コロナ禍になって新しい生活様式が染み付いてきた今、 高齢者が全てスマホを持っていたらもっともっと健康をお届けできるのに、 と本気で考えている堀山です。     今日はそんな話ではなくて、  【おんじぃのへや 刈谷銀座店】についてお伝えしたいと思います。   ----------------------------------------------------------------------- <基本情報> おんじぃのへや 刈谷銀座店 刈谷市銀座3-34-1 エクセルグランデ刈谷銀座タワー1階 TEl:0566-95-5388 公式サイト:https://onziiikariyaginza.wixsite.com/website -----------------------------------------------------------------------     2020年4月1日、まさにコロナ真っ最中の中開設した新しい店舗です。   テーマは「24時間365日 いつでもどこでもリハビリ」です。   刈谷銀座店のリハビリは2つのカテゴリーで構成されています。 1日型のデイサービスの強みを生かし、 2つのカテゴリーのリハビリを午前午後に分けて実施しています。     1.身体機能と生活動作のためのリハビリ このカテゴリーのテーマは個別的なリハビリの実施と運動時間の確保の両立でした。   これまで、生活期における専門療法士が関わる個別的なリハビリの重要性はよく分かっていました。 その方の身体状況、生活状況、疾患、年齢、趣味、家族環境など多くのものを複合的に評価し、 どういったリハビリが必要か、生活をいかに変えるか、必要なサービスは何かなどを提案し、 実施していくには専門療法士の個別リハビリが必要不可欠と考えています。   しかし、個別リハビリだけでは、運動時間が短くなってしまうというジレンマに陥ります。 そこで今回銀座店では、介護職員を運動トレーナーとし、 全員一丸となってリハビリの提供にあたるという体制を整えました。   複合的な評価はできませんが、一つ一つの機器の取り扱いやどういった効果があるかをしっかりと 認識しながら提供することは運動トレーナーでも可能となります。   power plate、footfit、リフォーマー、フランクリンボール、ストレッチポールなど リハビリ機器についての知識を得た運動トレーナーと協力して行うことで、 2時間しっかりと動きながらリハビリをするということを可能にしました。     2.社会参加のリハビリ 銀座店は、GINZA TREE+という商業施設の中の一画にあります。 中にはスーパーマーケットやCAFE、クリニック、保育園などがあります。 この土地柄を生かし、買い物リハビリなどの社会参加リハビリを行っています。 そのほかにも厨房を生かした調理リハビリなども定期的に実施しています。   利用者さんの中には社会復帰のために社会参加のリハビリをする方もいれば、 ご家庭ではなかなか役割づくりが難しく、自宅でやれないことを銀座店で行う方もいます。   どちらにせよ、身体を良くし、動作をよくした先には、社会参加があるということが リハビリの考え方としては望ましいと思っております。     この2つのカテゴリーのリハビリを可能にしたのは、 エビデンスに基づいた運動機器と、何より素晴らしいスタッフ達がいるからこそです。   この紹介、詳しくは公式サイトをぜひチェックしてみてください。 利用者様のお声も載せております。 公式サイト:https://onziiikariyaginza.wixsite.com/website       文責 株式会社ONZiii Act 介護福祉事業 施設長 堀山貴之

NEWS 新着情報,店舗紹介

2021.01.29

デイサービスセンターしあわせについて【 SMILE & FOOT 】

こんにちは!施設長の堀山です! 堀山といえば、鼻の右下にあるホクロが特徴的で、堀山=ホクロくらいの存在なのですが、コロナになって以来四六時中マスクを付けているので、忘れられてしまうのではないかと危惧しています。 どうでもいい話はこれくらいにしておいて、 今日は【デイサービスセンターしあわせ】についてお伝えしたいと思います。 -----------------------------------------------------------------------<基本情報>デイサービスセンターしあわせ刈谷市板倉町2丁目8ー13TEl:0566-57-2019公式サイト:https://onziiishiawase.wixsite.com/website公式Instagram:https://www.instagram.com/day_shiawase/-----------------------------------------------------------------------  2019年6月に有限会社ケアサービスから引き継いだデイサービスセンターしあわせ。これまでのおんじぃのへやとは違い、お風呂付きのデイサービスの形態です。 また、来所される利用者さんも大きく異なります。 おんじぃのへやの利用者さんの平均年齢は、70歳前後。一方デイサービスセンターしあわせの平均年齢は85歳前後と年齢も大きく異なります。 また、認知面の低下をきたしている方も多くみえます。でも、みんなすごく楽しそうに過ごしています。でも、なんとか自分の足で歩いている方がたくさんいます。 20年続くデイサービスを引き継ぐ上でリハビリの視点からどういったことが出来るのかを1年以上考えてきました。 現場のスタッフと話し合いを重ね、一つのテーマが出来ました。 「SMILE & FOOT」 ・楽しそうに過ごしているその笑顔を守ろう!・なんとか自分の足で歩いているその足を守ろう!  今、通われている利用者さんのために何が出来るかを考え、2つのキーワードに達しました。 このキーワードを達成するために、しあわせは2021年1月に2階フロアを増設し、リハビリフロアを新設いたしました。 このリハビリフロアの構想には、実は社内で行なったこんな研究がありました。 ***************************************************************************************  弊社の作業療法士で認知症ケア専門士でもあるスタッフが取り組んだ、認知症の方への運動効果を考える研究でした。認知症の利用者さん(長谷川式20点以下)に対しての運動方法として、下記のルールに基づいて行う、というものでした。  1.グループでの運動    2~4名の小グループで行う 2.紙面で運動を提示する  分かり易い運動と表示 3.マシーンの活用     エアロバイク、ステッパー 4.声かけを頻回にして   切れ目のない運動を促す【午前 週1~3回 1.5~2時間実施】 これは、集中力や記憶力が低下しており、さらに意欲も低下している認知症の方にどうしたら運動効果をもたらせるかと、色々と試行錯誤して作り上げたルールでした。 2ヶ月間のトレーニング後、立ち上がりの評価であるCS30という項目で向上したことが確認されました。 **************************************************************************************** しあわせに通う利用者さんは、認知機能の低下した方が多くいらっしゃいます。個別的なリハビリでは意欲が継続できず、また運動時間が短くなってしまいます。しあわせの特徴である「楽しく過ごす」と運動をいかに組み合わせるかに重点を置き環境やプログラムを考えました。 ついつい通りたくなる通路や、跨ぎたくなる段差、握りたくなる手すりなど見ているだけで動きたくなるような仕掛けをしたリハビリルームを作りました。 またおんじぃのへやの理学療法士が、定期的に利用者さんの評価を実施し、その方に必要な運動プログラムの立案を行なっています。  また、個別でのリハビリが必要な方、医療的ケアが必要な方については、看護師とともに個別での対応を行うように取り組んでいます。  個別と小集団のアプローチを利用者さんによって使い分けることでしあわせの利用者さんにとって一番効果的なリハビリ、運動を提供できるように心がけています。  もともとしあわせが得意としていた一人一人の利用者さんの声を聞き、手厚く関わること。イベントやレクレーション、外出など。これまで行なってきた笑顔になるための内容はそのまま引き継ぎ、新たに2階でのリハビリテーションを行うことで、 職員一丸となり、皆様のSMILE & FOOT を守っていきたいと思います。    そんな、SMILE & FOOT を守るための日々の取り組みは公式インスタグラムでぜひチェックして見てください!https://www.instagram.com/day_shiawase/  文責 株式会社ONZiii Act介護福祉事業 施設長堀山貴之 

NEWS 新着情報,店舗紹介

2021.01.28

< 1 >